医療法人 実昌会グループは医療に特化した在宅療養支援グループです。


メニュー
医療連携について

山口県立総合医療センター卒後
離床研修プログラム

地域医療研修・研修医受け入れ実績

当院受診の患者様には研修期間中に診察時間が長くなったり、
診療待ち時間が長くなることもありますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

地域医療研修受け入れ中止の
お知らせ

黒田医院の閉鎖に伴って外来患者数が増加、外来患者の待ち時間が1時間前後の状態となっており、研修医の指導が困難な状態ですので、令和2年度より、総合医療センターからの地域医療研修の受入は辞退させていただきましたことをご報告申し上げます。

当院での研修内容
  • Common Diseaseの診療と検査・治療
    ・レントゲン読影:胸部、腹部、骨・関節
    ・エコー検査:心臓、腹部、血管、骨・関節
    ・感染症治療
    ・整形内科
  • 生活習慣病の理解と治療・指導
    ・高血圧、脂質異常、糖尿病、CDKなど
  • 在宅医療
    ・癌末期、重症心不全、重症呼吸不全
    ・脳血管障害、認知症など
  • 医療・介護連携、介護施設研修

研修医・実績数

研修医受入人数

平成19年 2名
平成20年 2名
平成21年 4名
平成22年 3名
平成23年 5名
平成24年 2名
平成25年 2名
平成26年 1名
平成27年 4名
平成28年 5名
平成29年 5名
平成30年 7名
平成31年・令和元年 5名

研修医の声

在宅でIVHを入れることができる事に驚きました。

病院研修では経験できない生活の中での医療が体験でき、参考になりました。

2週間大変お世話になりました。研修医生活で一番充実していた2週間だったと思います。今後ともよろしくお願いします。

病診・診診連携実績

他の病院・診療所と連携を図り、専門的な診療や包括的な治療を行っています。

病診連携とは

簡単に言うと、病院と診療所の連携です。病院と診療所が緊密に連絡を取り合うことで、包括的で一貫性のある医療を患者様に提供することが可能となります。この二つの医療機関の連携が病診連携です。

診診連携とは

医療の進歩で、より専門的な診療が要求されています。専門分野を中心に他の診療所と連携しながら患者様の診療を行います。 この診療所と診療所の連携が診診連携です。

医療連携実績

これまで当院で行ってきた、
医療連携の実績を紹介いたします。

  総合医療センター 市内病院 市外病院 診療所・医院
平成28年の年間トータル 202 274 35 129
平成29年の年間トータル 171 211 44 89
平成30年の年間トータル 137 284 26 110
平成31年・令和元年の
年間トータル
208 243 30 81
令和2年1月 18 30 2 8
令和2年2月 20 15 1 5
表一覧へ戻る
  総合医療センター 市内病院 市外病院 診療所・医院
平成28年の年間トータル 149 48 35 40
平成29年の年間トータル 121 76 32 41
平成30年の年間トータル 130 84 27 43
平成31年・令和元年の
年間トータル
115 64 31 44
令和2年1月 5 6 2 0
令和2年2月 10 1 1 3
表一覧へ戻る