医療法人 実昌会グループは医療に特化した在宅療養支援グループです。


メニュー
看護小規模多機能型居宅介護
  • ホーム
  • 看護小規模多機能型居宅介護

地域密着で24時間・365⽇の安心を

住み慣れた地域、自宅で過ごしたいというご希望に寄り添い、
通い・とまり・訪問看護・訪問介護をまとめて提供します。

看護小規模多機能型居宅介護とは

「看護小規模多機能型居宅介護」とは従来からあります「通い」「泊まり」「訪問介護」「訪問看護」のサービスを受けることができる地域密着型サービスのひとつ、小規模多機能型居宅介護に通院直後の在宅生活へのスムーズ移行、がん末期等の看取り期、症状不安定期における在宅生活の継続等で支援することを目的に、専属かつ常勤の看護師力、医療行為も含めた多様なサービスを24時間365日提供する施設です。

介護サービスと訪問看護サービス、それぞれ別の事業所へ手配・手続きが必要

1つの事業所でまとめて利用できる

看護⼩規模多機能型居宅介護のメリット

担当スタッフによる対応

担当スタッフによる対応

「通い」「とまり」「訪問介護」「訪問看護」の4つのサービスを顔なじみのスタッフが担当してくれるため、慢性心不全・呼吸不全で入退院を繰り返している高齢者、がんの末期などで自宅で看取りを考えている方、認知機能低下のため十分な医療を受けられない高齢者の方々にも安心して利用できるというメリットがあります。

月額定額制

月額定額制

通所介護、訪問看護、デイサービスなどさまざまな介護サービスを組み合わせて利用すると、介護保険限度額を超えてしまうことがあるのに対して、看護小規模多機能型居宅介護の場合、4種類のサービスをどれだけ利用しても、月額定額制です。

利用対象の方は、要介護1〜5の認定を受けた方の他、末期がんなどで終末期を迎えている方、認知症の方々も対象となります。

こんな方にオススメです

住み慣れた地域、自宅で過ごしたい

住み慣れた地域、自宅で過ごしたい

ご自宅や住み慣れた地域で家族や親しい人たちと共に末永く生活でき、畳の上で最期を迎えることも可能です。

医療ケアが必要

医療ケアが必要

胃ろう、経管栄養、中心静脈栄養の管理、カテーテル交換、在宅酸素・在宅人工呼吸器、心不全の管理など医療ケアを看護師がご自宅へ訪問して行います。

介護サービスを組み合わせて使いたい

介護サービスを組み合わせて使いたい

必要に応じて施設への通い、とまり、訪問介護、訪問看護のサービスを組み合わせてご利用いただけます。

© 2017 中司内科